TOP 施設概要 児童部・更生部 授産部 求人情報 お問い合わせ

大照学園定款
※決算報告についてはこちら
※平成30年度4月1日 現況報告書及び理事役員名簿はこちら
事業所 施設概要 利用者在籍数
(H28.4現在)
職員在籍数
(H28.6現在)
児童部  大照学園は、大正15年、司法省の許可を受けて保護少年収容施設として誕生するが、昭和24年少年法の改正により廃止。同年4月、聴覚障害児施設として再発足。
 その後、昭和37年3月に聴覚障害児施設を廃止し、同年4月、知的障害児施設として生まれ変わる。

 1999年12月、国庫補助により、それまでの老朽した2階建から、鉄筋3階建に新築。


<建設規模>
◇鉄筋コンクリート3階建
◇建築面積320.15平方メートル
◇延べ床面積835.86平方メートル
◇定員30名
女性 10名
男性 17名
◇施設長1名
◇副施設長1名
◇支援員(児童部 14名 / 更生部 14名)
     * 内、保育士 3名
◇事務職員(児童部 1名 / 更生部 1名)

◇非常勤職員 (更生部 1名)
◇栄養士 1名
◇看護師 1名
◇リネン場職員 1名
◇用務員 2名
更生部  平成11年4月1日開設。旧児童棟の老朽化、知的障害児施設の入所児の成人化に伴い、平成10年度、日本自転車振興会と京都市の補助を受け、児童部50名を30名に減員し更生部30人として発足。

<建設規模>
◇鉄筋コンクリート4階建
◇建築面積265.78平方メートル
◇延べ床面積804.69平方メートル
◇定員30名
女性 16名
男性 14名
授産部 授産部(通所)昭和43年4月1日開設。京都市内でははじめての認可施設として発足。京都、東山の知恩院山内という恵まれた場所に位置し、季節のいい時期には観光客が常設店「照道窯(利用者たちによる陶芸作品などを販売)」を訪れる。

<建設規模>
◇鉄筋コンクリート3階建
◇定員50名
女性 19名
男性 31名
◇施設長1名
◇サービス管理責任者1名
◇支援員(生活介護6名、B型2名)
◇非常勤職員(生活介護3名、B型1名)
◇事務員(非常勤2名)
◇運転手(非常勤1名)

Copyright (C) 2018 社会福祉法人 大照学園 All Rights Reserved.